鶴ヶ島市で羨ましがられる注文住宅


注文住宅を依頼する:ハウスメーカーと工務店のメリット

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
3月 1, 2015 at 4:03 PM

注文住宅を建てる上で、ハウスメーカーに依頼するメリットを見てみることにしましょう。

ハウスメーカーは注文住宅の設計を規格内で抑えることで低コスト化を図っています。

元々住宅の低コスト化を図って作られたシステムの会社ですので、原価では最も安いと言えるでしょう。

しかしハウスメーカーの基本的な構造は数を多く売ることですので、そのために多額の広告費や営業用の費用を投入します。

結果的にはその分が価格に上乗せされるようなかたちになるため、他の形態と圧倒的といえるほどの価格の差はできません。

また、ハウスメーカーの場合規格の範囲内での設計・施工は安く収まりますが、規格から外れてしまうと一気に値段が高くなるというのが特徴です。

そのため、土地の狭い都市圏や、複雑な形の土地の場合は規格内で収めることができず、結果的に高くなってしまうこともあります。

また規格範囲内で低コスト化を図っているため、デザインの自由度は3種の形態の中では最も低くなります。

といっても、多くの建て主にとってはハウスメーカーの自由度で十分であることも多いです。

コストとデザインの自由度が選択のポイントというわけですね。

工務店に注文住宅依頼するメリットはなんでしょう?

とはいえ工務店と一口に行っても、その形態は様々です。

設計から施工まで棟梁が取り仕切るタイプの会社から、建築家を抱えて施工を行う会社などいろいろありますが、その中でもだいたい共通する部分をお話します。

注文住宅を依頼する工務店は管理費用が安いところが多く、原価に近い金額で建てることができます。

またハウスメーカーのように設計の段階で仕様の制限も特にありませんので、ある程度自由にデザインすることが可能です。

ただし工務店は施工が最も重要な仕事ですので、自社が得意な建材などにこだわる場合があり、そういう場合には各所に制限が生じます。

また、工務店の技術によっては土地の欠点をカバーしきれない可能性も出てきますので、ある程度条件の整った土地を用意する必要があるかもしれません。

総合的にはハウスメーカーより自由度が高く、ある程度価格も抑えられますのでコストパフォーマンスの良さが最大のメリットと言えるでしょう。