鶴ヶ島市で羨ましがられる注文住宅


注文住宅の依頼先は?

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
3月 1, 2015 at 4:03 PM

注文住宅を建てる際、依頼先を選ぶということは非常に重要なポイントと言えます。

依頼先には主にハウスメーカーや工務店、設計事務所の3種類に分けられます。

それぞれ形態が違いますし、メリットも変わってきますので自分たちに適した形態を選びましょう。

また同じ形態の会社でも、家づくりのシステムが全く同じというわけでもありません。

理想の家を建ててもらうよう依頼先を選ぶためには、それぞれの会社ごとのシステムをよく理解し、自分たちに適した会社を選ぶことが必要です。

他に少々特殊な例として、コーポラティブハウスというものもあります。

これは複数世帯で家を建てる方法ですが、少々専門知識が必要になります。

また、建築プロデュース会社を通して建築家や工務店と家を建てるという方法もあります。

こちらの場合にも、いくつか形態があります。

コストが安価で利用しやすいのがマッチング方式の建築プロデュース会社で、建て主の希望を踏まえてあらかじめ登録済みの設計事務所や工務店を紹介します。

その後の計画にはノータッチなので、建て主サイドの利用料は無料のことが多いです。

注文住宅の依頼先はとても豊富なんですね。

大きく3つに分けられる注文住宅の依頼先ですが、いったいどんな形態なのかを見てみましょう。

まずハウスメーカーです。

ハウスメーカーは、決められた規格の範囲内で設計・施工ともに行う形態の会社です。

あらかじめ行う工法や仕様の認可を受けておくことで審査などの手間を省き、建材などもあらかじめ大量に仕入れ加工しておくことで大幅なコストダウンを図っています。

工務店には特にさまざまな形態があり、棟梁が設計から施工まで手がけるところ、社内の建築家や社外の設計事務所と連携して施工を手がけるところ、ハウスメーカーのような形態のところとまだまださまざまな形態があります。

設計事務所の他と大きく違う点は、施工と独立しているという点です。

設計事務所では事務所内の建築家に設計を依頼し、別の工務店に施工を依頼するのです。

建て主の希望が最も優先されますので、注文住宅の中では一番自由度が高い依頼先です。

他の2種と違い、こちらは第三者として工務店の施工をチェックすることがあります。

設計・施工が一体化していたり下請けの工務店の場合はこういった第三者のチェックが入ることはありませんから、より安心して任せられるというわけですね。