鶴ヶ島市で羨ましがられる注文住宅


建売住宅と比較して注文住宅を知る

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
3月 1, 2015 at 4:03 PM

家を買おう、と決めた時に最初に決めるのはマンションか一軒家かということでしょう。

そして一軒家を買うとなった場合に選ばなければならないのが、注文住宅か建売住宅のどちらにするかです。

注文住宅は土地選びからどんな間取りにするか、外観をどうするかなど自分たちの要望を設計に取り入れますので、費用という制限はありますがある程度自由な家を作ることができます。

建売住宅はすでにできている家を買うわけですから、まず土地選びという手間を省くことができます。

また、建売住宅の場合は設計の手間なんてかかりません。

すでにできているので、手続きさえすめばすぐにでも入居することができます。

注文住宅の場合は土地探しにそもそも時間がかかりますし、次の設計の段階でもなかなか決まらなければ相談だけで1年かかってしまうことだってあります。

そして一から工事をするのにもおおよそ1年程度かかりますから、住めるようになるまでの期間の差は歴然です。

こだわって家を建てるので当然ですが、注文住宅を建てるのには非常に時間がかかるのです。

注文住宅を建てるとなった場合、土地探しから間取りや内装の設計を考えたり、決定したりするのに非常に労力を伴います。

建売住宅を買うことになった場合、すでにできている住宅の外観や内装、間取りが気に入るかどうかが問題なので、かかる労力は大幅に削られます。

注文住宅を建てる方の場合は、多くの方がそれを楽しんでいらっしゃるようですのでさほど大きな問題ではないのでしょうが、そういったことを考えるのが苦手な人や手間をかけたくない方は建売住宅を購入するほうが向いているかと思われます。

注文住宅と建売住宅の大きな違いは費用です。

もちろん家は個別のものですので一概には言えませんが、一般的にはやはり建売の方が圧倒的に低コストです。

建売の場合、いくつか同時に設計・施工することで設計や施工、建材の費用を浮かせるのです。

目につきにくい場所でグレードを落としコストを削減するということも行います。

ですから家を建てたいと、思ったら双方のメリット・デメリットを考えた上でどちらにするかの選択をすることが大切なのです。